お酒の影響を受けにくくする方法|空きっ腹で飲むな

お酒を呑む時ですが、お酒に強くなる為に注意しなければならないことがいくつかあります。注意しなければならないことを把握しておかなければ、悪酔いしてしまうかもしれません。二日酔いがきつくなってしまう可能性も少なからずあるのです。

そこで注目しておきたいのが、お酒を呑む時のお腹の状態です。お腹の状態が一定の状態だと、いくつか問題が発生してしまう可能性もあります。

今回は空きっ腹とお酒の影響について詳しくお話しますね。

・空腹時にお酒を飲んでしまうと悪酔いしてしまう可能性あり

空きっ腹でお酒を呑むようなことは多くありませんか、もしも、空きっ腹の状態でアルコールを飲んでしまうと、実はお酒の影響を強く受けてしまう可能性が高まるのです。

胃や腸の中に何も入っていない状態の時にお酒を飲むと、アルコールの吸収率が高まってしまいます。他にもなにかあれば、それの影響でアルコールの吸収は抑制されるのですが、アルコールの球種に対して何かしらの邪魔するものがない、といった状態になってしまうのです。

アルコールがそのまま吸収されてしまうような状態になると、血中のアルコール濃度がどうしても高まってしまいます。血中濃度が高まると、肝臓の負担もどうしても多くなってしまうわけです。血中濃度を少しでも引き下げるためにも、何かしらのものを食べてから、アルコールを飲む、といったことを実践しましょう。

・空腹の一気は絶対にしないこと

ビールなどを一気飲みする、といったことをしている方もいるかもしれません。普通に一気飲みをするだけでも危険なのに、空腹時に行ってしまう、といったことは絶対に避けてもらわなければなりません。圧倒的に悪酔いや二日酔いの発生率が高まってしまいます。

・どんなものを飲酒前に食べると良いのか?

お酒に強くなる為には、乳製品や脂肪分が多いものが良いと割れています。胃や腸などで脂肪分が長く吸収されることになります。要は、吸収に時間がかかるのが脂肪なのです。お酒を呑む時もその脂肪の吸収が行われているので、結果的にアルコールが吸収されるのを阻害してくれます。

乳製品に関しては、胃腸の粘膜を守る効果があるとされています。近年の研究ではその効果はあまり高くないのではないか、と言われているのは確かですが、お酒に強くなる方法として試す価値はありますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ