AGAと若ハゲ

増えている若ハゲ

近年、急速に若年層の男性が薄毛で悩んでいます。その理由はいくつかありますが、1つは食生活の変化でしょう。

脂分の多い肉類中心の欧米型の食生活になり、脂分を大量に体内に摂取するようになりました。

日本人は本来、肉食には慣れていない為に、過剰な脂分が毛穴から体外に出て、毛穴を詰まらせることになります。
毛穴に詰まった脂は、雑菌のえさとなり、頭皮に雑菌が繁殖します。
ひどい場合には、炎症を起こしたり、フケが大量に出たりします。

このような頭皮環境の悪化は、抜け毛につながり、薄毛で悩むことになります。
特に若者は肉食が好きなので、若い方に薄毛で悩んでいる方が多くなっているのもうなずけます。

これはいわゆるAGA(男性型脱毛症)とは違いますが、薄毛という大きなカテゴリに含まれ、男性の大きな悩みの1つとなっています。

AGAや若ハゲに効く薬:ミノキシジルとプロペシア

現在は、AGAを含む若ハゲも病院で治療が出来ます。その際に、一般的に使われるのが、ミノキシジルやプロペシアに代表されるAGA治療薬です。

しかし、ミノキシジルの副作用に注意が必要であることはあまり知られていません。ミノキシジルには様々な副作用があり、時には重篤な副作用を生じ、生命に関わる場合もあるのです。また、プロペシアの副作用も同様に危険なものがあります。

ミノキシジルの副作用は低血圧が良く知られています。低血圧は、冷え性を引き起こしたり、頭痛やめまいの原因ともなります。また、動悸や息切れも引き起こす場合があります。

ミノキシジルは確かに薄毛に効く場合もあります。しかし、万能の毛生え薬ではなく、人によっては副作用に苦しめられる場合があることを認識する必要があるでしょう。

もっとも安全なのは、ミノキシジルやプロペシアなどには頼らずに、天然成分の育毛剤を使うのが良いかも知れません。
天然素材ですから、副作用の心配もなく、安心して利用することが出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ